「信長の野望オンライン」萌黄サーバーでのプレイ日記です。


by kitano-sisters
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

前哨戦に参加して・・

★冬華です。
対人戦って苦手ー><
でも、鎧鍛冶として何ができるのか、どうすれば対人でうまく立ち回れるのか考えながら、日曜の午後と夜、時間的には短かったけど、前哨戦に行ってきました!

用意したのはこちらの技能、
陽動・罵倒・罵詈雑言・鎧の極み・警護・守護・存命・回避。

1.まず開幕、武芸侍か忍者を罵倒。または陽動。
2.続いて、鎧の極み。

ここまでは良いのよ。そのあと、状況に応じて・・・ってのが難しい。
鎧鍛冶として一番気にしないといけないのは、「攻撃が痛いのを常にひきつける」です。いわゆる、ひっぱっておかないといけないアタッカーというのは、
侍(武芸)・・・普通に痛い
忍者(全般)・・・暗殺なら常に。不意打ちも痛い
陰陽(召喚)・・・百鬼夜行が痛い
鍛冶(刀)・・・怒り蓄積後の攻撃が痛い
〔番外〕侍・・・沈黙してくる侍(ときに忍者)をひっぱるのも大事^^b
ってとこかな。陰陽の全体術や鉄砲の狙撃は痛いけど、罵倒(挑発)では引っ張ることができないので、鍛冶屋としてはほとんど対処できません。

一番むずかしいって感じたのは、一所懸命や陽動でひっぱられたときに、いかにそのスキをついてアタッカーを釣るか、かなぁ。特に忍者は隠れられると罵倒(挑発)できないので、いつ隠れるか、じーーーっと観察してたりしました。

初めは、鎧の極みを切らしてはいけないと思って、2回に1回は極みしてたけど、武将戦みたいに神経質にならなくてもいいって教えてもらって、罵倒を中心に、時々陽動・罵詈雑言・極みって感じに落ち着きました。

それが良かったのかどうかは、、自分ではわからないけど。

で、ひとつ自分に課題ができました。
痛い攻撃を受け止めるわけだから、生命も減り、やられっちゃうことが多い私。
戦闘には勝利してても、死んだ状態だったりとかw

ぶっちゃけ、Lv48で生命3500・防御440は、旧冬華のLv52のときよりかなり上(初期ステータス耐久4→10に上げてるのが大きい)で、そんな悪い性能じゃないと思ってるので、あとは、

いかに生きるか

「あの鍛冶屋うざいから先にやっちゃおー」って狙われる以外は、集中攻撃されることはあまりないので、最低でも生命1000くらいをキープできるように、回復がおいつかないときはいつ治身丹を飲むか、考えようかなっと。
・・・
それにしても、密教僧の「懲悪」という技能、みんなが極悪だって言うからすごくビクビクしてたんですが、実際くらったときの私のダメージは、



75! (^m^)ぷぷ



ぜんぜん極悪じゃないじゃーんw
まぁ、対人戦レートが高いほどダメージが大きい技能なわけで、対人戦レート20な私にはぜんぜん効きませんでした^^

1000以上食らってる人もいたから、その人にとっては極悪技能になるね。
いったい何人をやっつけてきた人なんでしょうね(>_<)こわいわぁ~

とにもかくにも、わりと楽しかったですよ、前哨戦^-^v
[PR]
by kitano-sisters | 2005-07-11 07:34 | - 信・日常編